環境への取り組み

環境への取り組み

環境基本方針

地球環境の継続的改善と、汚染予防による環境保全が、最も重要な課題の一つであることを認識し、省エネルギー、省資源に取り組み、地球環境を守る。

環境方針

環境関連の法規制やその他の要求を厳守し、環境汚染の未然防止に努める。
技術的、経済的に可能な範囲で環境目的目標を定め、環境影響を継続的に改善する。
試作段階で省資源、省エネルギー及びリサイクル活動を推進する。
トップ環境マネジメントによる見直し、環境監査を定期的に行い、環境管理システムの構築を図る。
すべての従業員に環境教育を行うと共に、環境保全活動と環境改善を継続して行う。
この環境方針は、外部の要求に応じて文章により、一般の人が入手可能とする。

環境への取り組み

CO2の削減を目指して、省エネ活動や燃料転換、代替エネルギーの導入を、廃棄物や資源枯渇問題への取り組みとして、排ガス管理、水資源管理やエネルギー管理などを積極的に展開し、環境負荷の低減を進めています。
省エネ活動を着実に実施するとともに、CO2排出量の削減をさらに推進するため、2007年には事業所内で使用するエネルギー源を灯油及びLPGから、CO2排出量の少ない都市ガスへ転換し、2011年には排水処理設備を一新するなど積極的に取り組んでいます。

2014年には太陽光売電システムの運用を開始し、地球環境に対して負荷の少ない再生可能エネルギーを導入しました。2015年には、真空熱処理炉2基を導入し、最新鋭の省エネ装置によるコスト削減・環境負荷低減に向け取り組んでいます。
工場内の天井照明を水銀灯からLEDへの切り替えを順次実施、コンプレッサーおよび冷却水循環ポンプのインバータ化、灯油から都市ガスへの燃料転換、蒸気バルブや蒸気ラインの逆止弁・減圧弁・ストレーナへのサーモジャケットの取り付けよる熱損失の防止、最新鋭のデマンド監視装置による徹底した電力管理等、小さな事ですが一つ一つ積極的に取り組んでいます。
また、若い世代のエネルギー管理士の育成にも積極的に取り組み、より精度の高いエネルギー管理を進めています。

  • 天然ガスを利用したエネルギー室都市ガスを利用したボイラー
  • 排水処理室排水処理室
  • 工場内照明LED化工場内照明LED化
  • 冷却水ポンプ設備高効率化した冷却水循環ポンプ設備
  • 排ガス処理設備排ガス処理設備
PAGE TOP